×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンパンマンミュージアム ツアー〜5情報!

アンパンマンミュージアム ツアー〜5

カテゴリー :ツアー

 アンパンマンミュージアムの旅行・観光は、アンパンマンミュージアム付近(1.1km四方)の人気のスポットと自由に組み合わせて行くフリーツアーもあります。アンパンマンミュージアムは、原画やイラストを展示したギャラリー、アンパンマンワールド・アンパンマンシアターなどがあります。アンパンマンミュージアムのチケットで詩とメルヘン絵本館にも入館できます。

高松駅では「アンパンマン弁当」が売っています。「アンパンマン弁当」は、アンパンマンをかたどった水筒が付いていて、中にはお茶が入っています。弁当の内容は、茶飯、から揚げ、ウィンナー、焼きそば、デザートのゼリーなどなどです。はっきり言って大人にはちょっと物足りないスナック弁当ですが、子供たちには大人気で、売り切れることも多いそうです。

近畿日本ツーリストの「組み合わせ自由な旅 スペシャル四国 2日間 高知」は、1名より申込みOKで、宿泊は、高松・高知・徳島・松山・道後温泉の10軒から選べます。ビジネスにも観光にもうれしい往復航空機とホテルがセットになったプランです。2日間コースは滞在中レンタカー乗り放題付です。アンパンマンミュージアムへは、善通寺IC〜南国IC、高知県へ。「まだ奥?」というくらい田舎道を進み、着くとたくさんの子連れ家族でいっぱいです。

コラム > アンパンマンミュージアム ツアー〜5について書かれています。

アンパンマンミュージアム ブログ〜1

カテゴリー :ブログ

 横浜アンパンマンミュージアムは、「アンパンマンの世界に入ってみたい」というこどもたちの夢を叶えてくれるようなアンパンマンの世界が広がる体験型ミュージアムと、アンパンマングッズや食べ物がいっぱいのショッピングモールがある施設です。

横浜アンパンマンミュージアムの公式ホームページ(ブログ)では、営業時間、入場料、施設の案内などの利用案内や、電車や車で来る時の為の交通案内、イベントのお知らせ、アンパンマンミュージアムエリア・ショッピングモールエリアの紹介などがあります。また、その他にミュージアムエリアの混雑状況をチェックできるサービスもあるので、アンパンマンミュージアムに行く前にはブログをチェックしてからがおススメです。

また、モバイル版もあります。アンパンマン携帯サイトでアンパンマンミュージアム情報をチェックできます。やなせたかし劇場では、CS日テレ、TVKテレビの収録を行ったりするので、ブログで日程を確認するといいです。自由に見ることができますが(立ち見)、通常のステージプログラムとは異なります。

アンパンマンミュージアムの採用情報もブログでチェックすることができます。アンパンマンミュージアムの合同募集・合同説明&面接会があるので、人を楽しませるのが好き、自分も楽しく働きたい、子供が好き、仲間を沢山作りたいなど…アンパンマンミュージアムで働きたい人はこまめに見るといい情報が得られます。

コラム > アンパンマンミュージアム ブログ〜1について書かれています。

アンパンマンミュージアム ブログ〜2

カテゴリー :ブログ

 香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムは、アンパンマンの生みの親、漫画家やなせたかし氏の出身地に建っています。アンパンマンの原画を展示するやなせたかしギャラリー、のぞき穴があるエントランスホールは必見です。香美市立やなせたかし記念館詩とメルヘン絵本館は、アンパンマンミュージアムと共に、やなせたかしの多彩な創作世界を展示・収集・研究することを柱に設立されるもので、その他、雑誌「詩とメルヘン」のイラストや絵本、詩等幅広い芸術文化を育て、発信していくことを目指します。やなせたかしの多彩な創作世界を収集・研究・公開することを柱に、町の中核的な文化施設として設立されたものです。

アンパンマンミュージアムの中にはアンパンマンやその他のキャラクターたちがたくさんいて、可愛さ満点。写真も撮り放題だし、大人も楽しめます。面や庭など、ちょっとしたところにもアンパンマンたちがいるので、探しながら歩くのも楽しいかもしれません。

香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムのブログは、やなせたかしのあいさつや、館内のガイド、利用ガイドがあります。お知らせでは、作品の応募の情報などがあるのでチェックしてみてください。もしかしたら、応募した作品がのっているかもしれません。

コラム > アンパンマンミュージアム ブログ〜2について書かれています。